TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

雑感⑯:不幸や苦労のマウント、ニンニク事件、大晦日にザワつくを見ていた両親 

おばんブルドーザー。ブルドーザー???この長文を書いている現在の気温が32℃・・・「~外はすっかり暑くなって、もう夏だな~」と心のスリムクラブ内間がそう述べています。今回も雑感をば。

 

 

【不幸や苦労のマウント】

自分の人生で一度もでもしんどかった事や苦しかった事ってあるじゃないですか?

そういったエピソードを話したときに、「いや、私の方がもっと大変だったよ?」「もっと苦しかったぞ?」みたいに、不幸や苦労の度合いでマウント取るようなことを言ってくる人が稀にいるが、全くもって意味が分からない。というか意図が分からない。

 

シンプルにどうして張り合う?そこで上回ったところで何になる???「俺の方がお前よりも辛く苦しい状況に置かれても乗り越えたんだ!」という強者アピールなんだとは思うが、その上で全くもってそれを言う必要性が理解出来ない。

 

百歩譲って、自分から話始めたとかならまだ良いとしても、話を振られた後にこういった態度を取られたときには暫く感情と思考落ち着かなったのを今でも鮮明に思い出す。さらに自分の病気のことをあれこれ言われたときには、本当に人間性を疑ったな…

 

なんでこんな話になったかと言うと、つい数年前まで深い関係にあった20年来の友人の態度が急に高圧的になり、そこから疎遠になったしまった。この件についてはいつか詳細に書こうかなと思っていたけど、万が一の身バレが嫌なんでこの雑感で最後にします。

 

 

【ニンニク事件】

小学校低学年の頃。近くの公園で遊んでいると、当時3~4歳ぐらいの男の子が近づいてきて、何の脈略も無しに「おい!ニンニク!」と言い始めた。

 

最初はなんのことかさっぱり分からなかったが、どうやら自分に対して言われていると悟った。当時の自分は、今よりもグラマラスな体型をしており、周りからもその事でからかわれることもしばしば。

 

おそらく「ニク」の響きから自分にそんな言葉を発したのだろう。正直そんなことには慣れていたのでスルーしていたが、しつこいぐらいに「ニンニク!おい!ニンニク!」とその男の子が連呼してきた。

 

さすがに我慢が出来ずに「ニンニクじゃないからね?」とちょいギレ気味に反発するもも、その男の子は何も動じず「ニンニク!ニンニク!」と繰り返す始末。本当に腹が立ったが当時小学生とはいえ、未就学児に手を出すのがまずいなんてことは分かる。

 

最終手段として、近くでベンチに座って母親に、「あのすみません。あの子に『ニンク』って言わせるの辞めさせてもらっていいですか?」とお願いした。子供ながら最善の手段を取ったと今でも思っている。

 

するとその母親は「自分で言えばいいでしょ!」と逆ギレ気味に言ってきた。意味が分からない…少なくてもこっちは被害者なのになぜこっちがこんなこと言われないといけないんだろう…というか「ニンニク」と子供が言わせた時点で親の責任だろう。そんな理不尽な思いを受けつつその日は家に帰った。

 

その後も公園で会うたびに、その少年(仮称:ニンニク少年)は、「ニンニク!」と連呼するようになっていた。子供ながらに呆れて、別の公園で遊ぶようになってからは一切会わなくなった。その後の行方は分からない。

 

改めて考えてみると、言葉は悪いかもしれないが、親の家庭での教育レベルが分かってしまう瞬間だったなと歳を重ねるに連れて確信していった。逆に言えば、あのニンニク少年がかわいそうにも思えてきた。くわばらくわばら。

 

そんなニンニク少年は今何をしているだろうか。普通に成長していればもう成人は迎えているはず。100%余計なお世話だろうが、ほんの少し気になってしまう。

 

 

【大晦日にざわつくを見ていた両親】

2021年の大晦日テレビ朝日は、『ザワつく!大晦日』を放送していた。これで3年連続らしい。テレビ好きTLからいい評判を聞いたことがない(ド偏見)『ざわつく』だが、両親をそれなりに好きで見ている。

 

内容について是も非も言うつもりもないが、大晦日にまで『ザワつく』見るか?と思っていたが、冷静に考えると両親の選択はそんなに間違ってなかったのでは?と思うようになっていた。

 

晦日のゴールデン帯、NHK総合紅白歌合戦。しかし、最近の歌手はそこまで知らず、知っている歌手がいてもリアルタイムで見るまではいかない。

 

日テレは『笑う大晦日』という新特番で、例年の笑ってはいけないはやらない。

 

TBSはボクシングと『THE鬼タイジ大晦日決戦』というゲーム企画系特番、フジはRIZIN。テレ東も歌番組だが、こちらもそこまで好きな歌手は出て来ない。

 

となると、消去法として普段から見慣れている『ザワつく』ということ選択になる。

 

これを狙っていたすれば、テレ朝の判断は正しい。正しいどころか、戦略的でかっこ良いとすら思う。色々調べてみると

 

12月31日に放送されたテレビ朝日系「ザワつく!大晦日 一茂良純ちさ子&徹子&羽鳥玉川&新庄BIGBOSSの会」の関東地区の世帯平均視聴率が午後6時からの2時間が12.1%(個人視聴率7.7%)、同8時から3時間が9.3%(個人視聴率5・4%)だったことが2日、分かった。  同局によると、大みそ日にゴールデン、プライム民放1位は開局以来初の快挙となった。

引用:31日放送「ザワつく!大晦日」平均世帯視聴率は12.1% 大みそか民放1位はテレ朝初の快挙(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース

 

とのこと。自分の価値観、感性だけで何もかも判断してはいけないと改めて気づかされた気がする。今後も自分が熱心に見るかどうかは置いておいて、両親を楽しませ続けてほしい。

 

 

では。今日はこのへんで。

 

 

今回のニューチャレンジ:バーに行った話

おばんだよな。そうだよな!6月になり暑かったりちょっと寒かったりでもうめちゃくちゃだー!(真空ジェシカ・ガク風)お身体のほう十分にご自愛ください。今回は今年から始めると決めていた新企画を。

 

今年のブログ、新年のご挨拶と今年の目標2022<目標設定編>で、やると予定していた『今回のニューチャレンジ』をやってみたいと思う。と言っても、そこまで壮大な話でもなく、「普段やらないのようなことをやる」というだけの話です。

 

今回行ったニューチャレンジが、「バーに行く」というものでした。元々興味はあったものの、中々自分からは入りにくい雰囲気だなと感じていたため先延ばしにしていた。

 

そうこうしている内に5月になっていた。5/13に誕生日を迎えた私は、Jリーグ観戦終わりにスマホで「5/13 何の日」と検索。するとどうやら5/13は「カクテルの日」ということらしい。これはバーデビューするには今日しかない!と考え、前々から気になっていた地元のお店にいざ入店。

 

するとカウンター席は1席しかあいておらず、しかもその席はイス無しの立ち飲みスタイルの場所であった。「やっぱり人気店なのか…今回はやめておこう」と思った矢先、カウンター席に座っていた40~50代ぐらいの男性が、「僕こっち動きますよ」と気さくに席を譲ってくれた。

 

「親切な人もいるんだなぁ」と思いつつバーカウンターのイスに座った。お店はカウンター席5席、テーブル席8席の規模のお店で、店内はターンテーブルとよくわからない洋画が流れている大型モニター、そしていわゆる「バー」と言った感じのボトルがズラリと並べられた棚が設置されていた。

 

イスに腰をかけ、メニュー表を渡される。が、メニューに書かれているお酒が全く分からない!更に、お酒の詳細な情報などはメニューに書かれていない!とは言え、お酒を全く知らない人間だと思われたくないという謎の意地が発生。勇気を出して「ブラッディ・メアリー」を注文した。

 

「ブラッディ・メアリー」とはトマトジュースとウォッカを割ったお酒で、トマトジュースベースのお酒の中では定番らしい。勿論、そんなことは後から知ることになる。

 

「おお…これがブラッディ・メアリーか…」などと知りもしない酒の感想を脳内で呟きつつ、ちびちびと飲んでいると、横にいた客が何に脈略もなく「あなたここの人?」と声をかけてきた。この人は推定40代の男性で、地元の方らしい。自分も「はい。そこの小中出身です」と何気ない地元トークを続けた。

 

また、奥の席に20代の女性も座っていたが、40代男性×2(さっきの男性とその飲み仲間)にガンガンに質問攻めにあっていた。あらあらかわいそうに…と思ったが、女性は嫌な顔一つ見せずに飄々と質問に答えていった。ああいうメンタルがほしいと切実に

 

正直苦手ではないが、「そんな感じで声かけてくるのがバーなんか!」と軽くカルチャーショックを受けた。が、お店を出るの際にマスターから「無理して喋らなくも大丈夫ですよ」と声をかけられた。いや、良いんかい!

 

もう一杯お酒を注文。二杯目はジン・トニックに。爽やかに味わいで、お酒が強くない自分でも飲みやすい一杯でした。

 

なんやかんやで1時間程度でチェック。無事、バーデビューを果たした。正直、大きな驚きは無かったが、「バー」という空間を体験出来たのは大きい。個人的には、チェーン居酒屋でわいわいするより、こういったバーで少人数でじっくり喋りながらお酒を飲む方が適しているなと確信した。

 

今後も気が向いたらバーに行ってみよう。あと、もう少しお酒を覚えてみよう。

 

cocktailrecipe.suntory.co.jp

 

 

では、今日はこのへんで。

小4の時のトラウマ

おばんザメ。コバンザメがLv.25になると進化できるそうです。5月も最終週とはいえ、真夏日レベルの暑さが突如に現れ一気にだるさがMAXに。そんな中免許の更新を午前中に終えたこともっと評価してほしい。今回は、雑感で書いていたら思いの他長くなったので、『エピソード』の方に回してみたお話。もう両カテゴリーに大きな差異はないけど。

 

 

・小4の時のトラウマ

小学生の頃。確か4年生ぐらいだったかと思う。お昼休みにトイレに入ると、個室トイレ内に誰かが入っていた。個人的には個室に入っている人をからかうつもりは無かったが、自分よりも一つの上の上級生がそのその人をからかい始めると、自分もそのノリに乗っかってしまった。今でもこのことは反省しており、中学進学後には同じ部活に入った際にも当人に謝罪をしている。

 

昼休み終了後にトイレから泣きながらその人が出てきた。そしてその子の担任教師から呼び出され、すぐに集団での大説教がトイレで始まった。

 

一人一人が尋問が行われ厳しく指導される中、自分はあくまでも ノリに乗っかった側という意識があり、言い逃れとして「みんなが...」という言葉を繰り返し使ってしまった。

 

これがまずかった。これを聞いた上級生側の担任が激怒。私の首根っこを掴み、「これがみんなだ!」と叫び、5年生と4年生のクラスのドアを開けて、私の顔だけを教室に見せつけるというその当時でも問題になりそうな指導を行った。 

 

このことは今でも鮮明に覚えており、忘れたくても忘れることが出来ないトラウマになってる。勿論、共犯とはいえ個室トイレに入った人をからかってしまったことについては今でも後悔し、恥じている。とはいえあそこまでの指導が必要だったのか...何が正解だったかはよく分からない。

 

ただ間違いなく言えるのは、この指導をされた側にとって、その後の人格形成や人間性に大きな影響を及ぼす可能性があるということである。自分に原因があるとはいえ、30人×2のクラス前であんな屈辱的なことをされれば、否が応でも記憶大きく刻まれる。

 

何度も言うが今回の件における最大の被害者は個室トイレでからかわれた側である。ここを否定するつもりはない。だが、指導という面においてもっと“正解”があったのではないか?と思い続けている。いっちょ前に教育についてどうこう言える立場ではないことは百も承知だが、トラウマを生み出すような指導が無くなることを節に願う。

 

 

以上、トラウマ発表会にお付き合い頂きありがとうございました。

 

では、今日はこのへんで。

 

 

雑感⑮♪:GW雑感/静岡遠征とその後/カップルYouTuber

おばんだと。確かにおばんです。5月になりまして、一気に気温が上昇しましたね。暑いのは苦手ですが、夏場のテンションは嫌いじゃないです。それとGWが嬉しいですね。今回はしっかりと休めるので。では雑感を。

 

【GW雑感】

今年のGWは5/2と5/6を休みにすれば、最大10連休になるということで、大きな盛り上がりとなっていた。

 

自分はノーマルな3連休+3連休+土日の8休であったがそれなりに楽しめた方だと思う。

 

主にやったこととして「サウナ」「プロ野球観戦」「『バカ爆走』を見に行く」「Netflixで気になる作品を見る」「『Pokémon LEGENDS アルセウス』をクリアする」など・・・

 

GWでなくても出来そうな事ばかり…w まぁでもちゃんと時間を有効活用出来て良かったです。

 

その中でもプロ野球観戦」「『バカ爆走』を見に行く」は今GWでも、特筆したいエピソードです。

 

 

5/1<プロ野球観戦>

5/1日曜日にロッテのファンの友人に誘われて、千葉ロッテマリーンズ北海道日本ハムファイターズの試合を観に行くことになった。人生で初のプロ野球観戦ということもあり、「初めてです」感を丸出しでZOZOマリンへ。

 

元々この試合は、先日完全試合を達成した佐々木朗希投手が先発予定ということもあって、ほぼ満員に近い人がスタジアム駆けつけていた。

 

14時プレイボール。スタジアムでのスポーツ観戦はもっぱらサッカーオンリーだったので、スポーツ文化の違いに圧倒される。まずはビジョン。スタジアムに大小5つぐらいのビジョンがあり、一番大きなビジョンには得点表、SBO、広告などが表示される。

 

そのサイド2つには中型のビジョンがあり、それぞれロッテの選手情報と日ハムの選手情報が表示されていた。加えて一番小型?のリボンビジョンというものがあったが、これはJリーグが行われるスタジアムでも設置されている。

 

また、3塁側にも得点表示だけのビジョンがあり、ここまで液晶だらけな空間は初めてであった。もちろん野球という競技の特性や、ZOZOマリンだけが多いだけかもしれないが、サッカーファンにとってあれだけの画面に囲まれるのは新鮮であった。

 

試合は4回に日ハム打線が爆発し、一挙9点を取りそのままの勢いで勝利した。

www.marines.co.jp

 

 

初のプロ野球観戦は、Jリーグとの違いなんかも意識しつつ楽しいものとなった。誘ってくれた友人に感謝したい。

 

ずっとプロ野球は見に行きたかったものの、中々タイミングが合わずに見れていなかったのでこの機会に見れて本当に良かったです。また行きたいです。

 

 

5/4<『バカ爆走』を見に行く>

この日も上記のロッテ‐日ハム戦を誘ってくれた友人と出かけることに。目的はプロダクション人力舎の事務所ライブ『バカ爆走』を見ること。ただ今回はいつも行っているお笑いライブとは少し目的が違う。

 

その理由は大学時代の人がプロダクション人力舎所属となったため。いやはやビッグニュース。

 

その人とは大学時代に知り合った一学年下の人で、学部学科まで一緒であった。学年、年齢共に下ではあるが「後輩」という感じでもないので友人ということに自分はしている。また、上記のロッテ‐日ハム戦とも共通の友人(面倒なので以下S氏)である。

 

彼(以下F氏)はお笑いを中心に芸能への知識が深い人間であった。入学当初から内Pやサザンの話までカバーしていたのでびっくりした記憶があるほど。そのため、「スクールJCAに入った」という話を聞いた時には、驚きと共に「なるほど...」と妙に納得した気持ちになった。

 

そんな彼が晴れてプロダクション人力舎の事務所ライブ『バカ爆走』の前座を務めるということを耳にしたため、入所祝いも兼ねてライブを見ることに。

 

当日は渋谷でS氏と合流。昼食を済ませ、諸々の買い物など行いライブ劇場のある新宿へ。開演までもう少し時間があったの酒屋で入所祝いの日本酒を購入。いざ新宿Fuへ。

 

13時50分。劇場に入るともう既にF氏のコンビがネタを終えるところであった。完全に目測を誤ってしまった。前座なので「開演前」ということが完全に抜けてしまった。

 

ネタは少ししか見れなかったが、前座終わりのエンドトークはしっかり見ることができた。F氏は得意としている60点のモノマネと、仮面ライダーの返信ポーズをやっていた。F氏は何も変わっていないことが確認出来て安心した。

 

ライブはスクールJCA29期卒業組が中心となって行われ、約2時間30分の大ボリュームで無事終了した。まだまだ粗削りな部分もあったけど着眼点や設定が斬新な人も多くて楽しかったな(偉そう)

 

F氏に挨拶のLINEと入所祝いを送り、成功を祈りつつ帰り路へ。まずは白黒アンジャッシュ出てくれよな!!!

 

正直F氏の初舞台にはかなり刺激を貰った。というのも今の仕事にまったくと言っていいほどモチベーションと魅力を感じなくなっており、元々の希望だったエンタメ業界への転職を考えているタイミングで、芸人のスタートラインに立った瞬間を見せられたらそりゃ意識しないわけがない。勿論芸人になりたいということではないが、もう一回ぐらい自分の希望を信じてみよう。そう感じた夜であった。

 

そんなF氏のコンビ『マインドスティール』の情報がこちら。宣材写真※などはまだだそうです。

www.p-jinriki.com

 

 

いつか白黒アンジャッシュ出てくれよな!!!

 

※追記:宣材写真が公開。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

 

【静岡遠征とその後】

先月にサッカー観戦&旅行という形で、静岡まで遠征してきました。詳しくは下記のリンクからどうぞ。

isomura-sun.hatenadiary.com

 

控え目に言って最高の旅行になったわけですが、これからはちょいちょい遠征していこうかと思います。

 

Twitterのフォロワーの中には、毎週レベルで日本国内のどこかにはいるという「旅強者」がおり、そんな影響もあってか月一ぐらいは遠征しておきたいという気持ちになっている。

 

今までの遠出は何かしらイベントが無いと重い腰が上がらなかったが、「新幹線を使えば静岡・名古屋はこのぐらいで行ける」という成功体験は大きい。それに外のアクティビティも色々やりたい。キャンプやカヌーなんか楽しそう。

 

また一昨年購入したロードバイクがあるので、自転車で全国のコースを回ってみるのも良さそう。体力と精神力がある内にやっておいた方がいいはず。コロナでの行動制限も解除され、少しづつ日常と移動が以前のようになることを節に願います。

 

 

カップルYouTuber】

皆さん「けごるる」というYouTuberをご存知でしょうか?まず、ご存知無いと思うし、あったらこっちが引きます。まずは、動画を見てほしいです。

 


www.youtube.com

 

けごるる」というカップルYouTuberをしばらくチェックしてみるという企画をやってみることにしました。

 

そもそも、カップルYouTuberとはどういう存在か調べてみると、

カップルYouTuberとは、恋人や夫婦で1つのアカウントを使って活動をするYouTuberを指す。カップル名は“ふくれな”と“M君”のカップルで「えむれな」というように2人の名前を組み合わせたものとなっている。

 

【参考記事】女子中高生に「カップル」のYouTuberやTikTokerが人気な理由 https://japan.cnet.com/article/35178915/ 

 

という風なもので、主に中高生を中心に人気を集めているジャンルらしい。

 

はっきり言って、自分が触れることがないであろうジャンルだし、知らなくても十分に満足な人生を送ることが出来る自信がある。それぐらい「自分の感性の外側」にあるものだと認識している。

 

ただ、ここである感情が出てくる。「これは単なる食わず嫌いではないか?」「ある程度知ってみてからでも良いのではないか?」という謎の興味が沸いてきた。もしかしたら、カップルYouTuberの動画から新しい何かに気づくかもしれない。

 

ということで、ここ最近YouTubeを始めたカップルを見つけ出し、陰ながら応援してみるということを始めることにした。

 

見つけ出したのが「けごるる」というカップルYouTuber。2022年の1月1日にYouTubeデビューということ定点観測していこうと決心した。しかし、ここである問題が発生する。

 

それはこのカップル全然動画を更新しない!!このブログを書いている5月11日時点で、わずか5本。チャンネル解説が今年の元日なので、月一ペース…

 

YouTubeにしっかりした動画を上げたこともない人間がこんなこと言うのもアレですが、もうちょいがんばれよ!しっかり企画練ってくれよ!ほかのカップルYouTuberの動画とか見て参考にしろよ!

 

応援はしていたもののここまで急に止まるとは思わなかった...w 勝手にこっちが見ているだけとはいえ、企画そのものが止まってしまう。自分が偉そうの言えたあれではないですが、こういうのは継続してこそだと思います。

 

けごるるのお二人様どうかYouTubeを更新してはいただけないでしょうか。陰ながら応援しております。(もしくは別れたとかならそれは本当にごめんなさい...)

 

 

【#2】

早口勘弁。

youtu.be

YouTubeリンクは限定公開ですのでSNSやブログ等に掲載しないようお願いいたします。

 

では、今日はこのへんで。

 

 

【追記】

※カテゴリーの「かるーいやつ」と「雑感」を統合しました。役割ほぼ一緒だったので。

 

 

【2022年4~6月期】チェックしているテレビ・ラジオ・配信コンテンツ

おばんなのか。確認のおばん。4月に入って暑かったり、寒かったりで訳分かんないですね。流石にこたつ布団片付けても良いかな?と思ったら肌寒いということが恐らく3回はあったかと。試されたエイプリル。さて今回は、私的にまとめている3か月に一度のチェックリスト更新です。

 

テレビ

【月曜日】

  • 【継】『ラヴィット!』放送局:TBS 放送時間:8:00~9:55 
  • 【継】『リフォーマーズの杖』放送局:NHK Eテレ 放送時間:第3月曜 19:25~19:54
  • 】『100分de名著』放送局:NHK Eテレ 放送時間:22:25~22:50
  • 【継】『サウナを愛でたい』放送局:BS朝日 放送時間:22:30~22:54 
  • 【継】『内村さまぁ~ず』放送局:TOKYO MX 放送時間:23:30〜23:57 
  • 】『激レアさんを連れてきた。』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~23:45
  • 】『証言者バラエティ アンタウォッチマン』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:45~0:15
  • 】『ここにタイトルを入力<月曜PLUS!>』放送局:フジテレビ 放送時間:0:45~1:15
  • 】『もう中学生のおグッズ!』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:36~2:56

 

【火曜日】

  • 【継】『ラヴィット!』放送局:TBS 放送時間:8:00~9:55 
  • 【継】『マツコの知らない世界』放送局:TBSテレビ 放送時間:20:57~22:00 

  • 】『100カメ』放送局:NHK総合 放送時間:23:00~23:30
  • 】『ロンドンハーツ』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15〜0:45

  • 】『有吉クイズ』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:45~1:15
  • 】『ホリケンのみんなおともだち』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:56~2:16

  • 】『凪咲とザコシ』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:36~2:56

 

【水曜日】

  • 【継】『ラヴィット!』放送局:TBS 放送時間:8:00~9:55 
  • 【継】『有吉の壁』放送局:日本テレビ 放送時間:19:00~19:56 
  • 【継】『水曜日のダウンタウン』放送局:TBSテレビ 放送時間:22:00〜22:57 
  • 【継】『あちこちオードリー』放送局:テレビ東京 放送時間:23:06~23:55 
  • 】『かまいガチ』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:45
  • 】『NEWニューヨーク』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:45~0:15
  • 】『空気階段の空気観察』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:16~2:36
  • 】『アルピーテイル』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:36~2:56

 

木曜日】

  • 【継】『ラヴィット!』放送局:TBS 放送時間:8:00~9:55 
  • 【継】『プレバト!!』放送局:TBSテレビ 放送時間:19:00~20:00 
  • 【継】『千鳥の超クセがスゴいネタGP』放送局:フジテレビ 放送時間:21:00~21:54
  • 【継】『アメトーーク』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 
  • 】『テレビ千鳥』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15~0:45
  • 【継】『野田レーザーの逆襲』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:41~3:01

 

【金曜日】

  • 【継】『ラヴィット!』放送局:TBS 放送時間:8:00~9:55 
  • 【継】『全力!脱力タイムズ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:00~23:40 
  • 【継】『ネタパレ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:40~0:10 
  • 【継】『有吉ジャパン ジロジロ有吉』放送局:TBS 放送時間:0:20~0:50
  • 【継】『タモリ倶楽部』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:20~0:50 
  • 【継】『しくじり先生 俺みたいになるな!!』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:50~1:20 ※【地上波】毎月第4週金曜日、【ABEMA】毎月1~3週金曜日21:00~21:30
  • 【継】『太田上田』放送局:tvk 放送時間:0:30~0:55 

 

【土曜日】

 

【日曜日】

 

 

ラジオ

月曜日

 

【火曜日】

 

 【水曜日】

 

 【木曜日】

 

【金曜日】

 

【土曜日】

 

【日曜日】

  • 【継】『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』放送局:JFN系列 放送時間:20:00〜21:55 

 

 

アニメ・ドラマ

【アニメ】

 

【ドラマ】

  • 【継】『鎌倉殿の13人』放送局:NHK総合 放送時間:20:00~20:45

 

 

配信・その他

【月曜日】

なし

【火曜日】

なし

【水曜日】

  • 【継】『相席食堂』配信サービス:TVer 更新日時:毎週水曜日15:00に最新回を配信

【木曜日】

  • 【継】『やすとものいたって真剣です』配信サービス:TVer 更新日時:毎週木曜日0:15~頃最新回を配信予定

【金曜日】

  • 】『公式!踏み台TV!』配信サービス:YouTube  更新時間:23:00~24:00前後(終了時間未定)
  • 【継】『千原ジュニアの座王』配信サービス:TVer 更新日時:毎週金曜日1:25~に最新回を配信予定

【日曜日】

  • 【継】『チャンスの時間』配信サービス:AbemaTV  更新日時:毎週日曜日23:00~0:00放送。※放送後一週間Abemaビデオで無料配信

 

不定期・月一

【ラジオ】

 

【累計】

テレビ:46本 前期比:+2 
ラジオ:20本 前期比:+1
配信:5本 前期比:±0
アニメ・ドラマ:8本  前期比:±0

 

【感想】

ここにまとめているのはあくまでも「録画はしている」という番組類で、マストで見ているというわけでは勿論ないです。アニメなんか半年で1~2作品見れたらいい方ぐらいまでリアルタイムでの見る本数減ってます。あちゃー。

 

リモートワークがあればもうちょい消化できる時間が増えるんろうなと思っていたら、今月はリモートになったのでラジオは聞きまくることに成功したのが不幸中の幸い。

 

そしてCreepy Nutsオールナイトニッポン1部昇格おめでとう!放送時間が2時間になったおかげで、Rの「日本語ラップ紹介」が流れることが減るみたいでそれだけでも嬉しい。

 

あと、テレ朝がスーパーバラバラ大作戦がスタートしたことで番組数は増えた感じですが、個人的には激レアさんとロンドンハーツは1時間継続にしてほしかったな…面白さは変わらないけど。

 

では、今日はこのへんで。

【旅行記】静岡(磐田-浜松)遠征編

おばんフォーレ甲府。またJ1で戦いたいですねヴァンフォーレ甲府さん。そんなヴァンフォーレ甲府と同じJリーグのお話も混ぜつつ、今回は旅行記を書いてみます。

 

【はじめに】

4/16-17の二日間でサッカー観戦&静岡フルコースを満喫しようという計画をぶち上げた。というのも、私はサンフレッチェ広島を応援しており、4/17にアウェイのヤマハスタジアムJリーグ磐田-広島の試合が行われるため予定さえ合えば遠征するつもりであった。

 

加えて僕の友人にジュビロ磐田の熱心にサポーターがおり、その人が現在静岡在住のため家に一泊させてもらうということになった。ありがたい...

 

また、その友人は最近はサウナにハマっており「しきじ」も体験済みとのこと。渡りに船とはまさにこのこと。そして晩飯には静岡が誇る人気ハンバーグチェーン店「炭焼きレストランさわやか」を食べ、翌日には磐田-広島戦を観戦するというプランを計画。完璧!完璧すぎる!これは完全に静岡満喫フルコースだ!ということで即新幹線のチケットを取ることにした。

 

 

【1日目】

9時半出発。10時には品川駅に到着し、静岡駅行きの新幹線に乗り込む。シーズンではなかったためすんなり自由席に座ることが出来た。また、人生で新幹線の自由席に乗ることがなかったから結構新鮮であった。

 

 

11時。静岡駅に到着。静岡住みの友人に「静岡駅に来ても何もないから、午後からでも良いよ」とのことであったが、出来る限り早めに着きたい性分なためこの時間に到着。ただ、本当にやることも無かったのでスタバで漫画『チ。』と『よふかしのうた』をそれぞれ一巻分読み終え、合流することに。

 

13時半。昼食へ。友人のすすめで「つけ麺専門店 きじ亭」というお店でつけ麺を食べることに。「カレーつけ麺」を食べることにした。とても美味しかったのだが、なんとなく「カレーうどんぽいなこれは…」となってしまった。どうせなら、オーソドックスな味の方が良かった気がする。あの日のチャレンジングの俺を誰か止めてほしかったNA☆

 

14時半。サウナしきじへと向かうことに。バスでそこそこの時間揺られながら到着。お店前には5~6人の入場待ちをする人が。あまりの人気で土日は入場制限がかけられてるという。サウナ入店前に並んだのは初めてであった。

 

10分ほど待って入店。思いのほか待たずに入店できた。サウナしきじはけして大型な施設というわけではないが、天然水使った気持ちの良い水風呂とフィンランドと薬草2種類のサウナが人気の理由である。

 

いざ、体験して感じたのはやはり水風呂の具合いが絶妙~~~!ということ。多くのサウナーから愛される理由はやはりここにあると確信しました。「サウナ東の聖地」と言われる所以を感じつつフィンランドと薬草サウナを堪能。計4セットかましました。

 

17時半。休憩スペースでオロポを飲み終え、ゆっくりする間も無く静岡駅へ戻ることに。急ぐ理由は「さわやかに並ぶため」であった。友人は「静岡駅周辺はさわやかが複数あるから分散されてそんな並ばないと思う」と言ってたが、結局さわやかを食べることが出来たのは2時間後のことであった。嘘つき!(ガセビアの沼風)

 

21時。ついにこの時が!あの時夢にまで見たさわやかハンバーグを頂くことに!正直、今回の静岡遠征のメインはJリーグ磐田-広島であるが、このさわやかは影の主役と言ってもいいぐらいには気持ちが高ぶっていた。

 

というのも4年前の2018年に静岡に3回行く機会があったものの、タイミングが合わずにノーさわやかでフィニッシュするという悲劇が起こってしまった。このことがきっかけとなり、そこらへんのちょっと出かければいつでもさわやか出来るような静岡民とは一線を画すレベルのさわやか執着心が生まれてしまった。要は遠距離恋愛っつーこと。(違うよ)

 

いざ、ご対面!鉄板から発せられるジューシーな音を聞いたときには、もうね…何がとは言えませんが”ギンギン”でしたよ。この音のASMR音源配信されたら速攻DLしてますね。俵型のハンバーを店員さんが眼の前で2つに切り、熱々の鉄板に押し当てる一連のショーを楽しんだ。これぞ本物エンタテインメントである。天国のウォルト・ディズニーも悔しがっているだろうな。

 

ステーキを一口サイズに切り分けいざお口へ...噛めば噛むほど「肉を食べている!」という重厚かつ繊細な味わいに脳が完全に出てはいけない物質が出てしまった!もし、私が彦摩呂であったならカメラの前であろうと堂々と「肉汁のマ〇ファナや!!!」と叫ぶほどの興奮であった。

 

少々オーバーな書き方はここまでにして、本当においしいハンバーグでした。これを日常的に摂取できる静岡の人は本当に羨ましい。さわやかを食べるためだけに静岡に行ってもいいぐらいなので、今度は日帰りでもいいので行ってみようかと。

 

22時。友人宅へ到着。一人暮らしをしている友人宅のDAZNでサッカーの試合を流しつつ色々と喋ることに。明日の試合について、最近のことについて、同級生の近況について、今後のキャリアについて等々...この数年間で話せなかったことを色々と話すことが出来た。

 

振り返ってみるとその友人とは小1からの付き合いで、自分にサッカーの世界を教えてくれた人間でもある。そんな友人は勉強もスポーツも出来て、陽気で社交的な人間である。あまり好きな言葉ではないが、いわゆる「陽キャ」のカテゴリーに入るタイプだと思っている。

 

そんな友人にふと「劣等感とか感じることある?」と聞いてみた。自分でもなんでこんな質問したんだろうと思ったが気づいたらしていた。友人は「いや、全然あるよ」と一言。そこから何か少し怖くなって具体的に聞き出せなかった。

 

普通に考えれば、誰にだって劣等感や悔しさを感じることは当然のようにあるものである。ただ、自分の中でその友人を「なんでも出来て、多くの人から慕われているヒーロー」のような存在として肥大し過ぎていたなと感じるようになった。

 

自分の人生がうまくいかなければいかないほど、身近にある成功や幸せと比べようとしすぎてた過去があったが、そんな過去に線引きを引けたような気がする。

 

その後は友人が最近ハマったというアニメを1話見て0時に就寝した。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

 

【2日目】

静岡の朝は遅い。磐田-広島のキックオフ時間は16:00~だったので、早起きする必要はないが11時起床はもうちょっとどうにかできたはず。というのも6時、8時、9時半と恐らく4度寝はかましてしまったようだ。起きない友人も友人だが、ここまで寝られる自分もある意味凄いな…

 

11時半。コンビニで軽く朝飯を済ませ、ヤマハスタジアムへ向かう。スタジアムまで向かうまでの道中はもうずっとサッカーの話ばかり。こういった濃いサッカー話が出来る人と楽しい時間を過ごせることは本当に幸せなんだろうな。

 

14時スタジアム到着。小雨がぱらつく中で、コロッケ、から揚げを頂く。朝から揚げ物しか食べなかったな...wこの日は別件で、磐田・広島両サポの知り合いの方にそれぞれご挨拶。磐田の方とは5年ほど前のコミケ待機列で意気投合してからLINEでやりとりする仲に。こういう交流もスタジアム観戦の醍醐味なので大切にしていきたい。

 

16時キックオフ。磐田優勢の時間が進む中、前半39分に鈴木雄斗のゴールで先制に成功する。しかし、後半は広島が反撃。後半1分にラッキーな形で磐田のオウンゴールとなり同点。その後も広島のチャンスシーンが続き、後半16分に見事な崩しから満田がゴール。広島が逆転する。その後も追加点を狙い、幾度とチャンスを作るも得点にはならず。

 

そして試合終了間際の後半44分。混戦から磐田のファビアン・ゴンザレスが押し込み2-2に。そのまま試合は終了。広島にとっては悔しい引き分けとなった。

 


www.youtube.com

 

 

18時。試合の感想を語りながら、御厨駅へ向かう。友人曰く広島の修正力と杉本健勇への不満を多く語っていた。こういった感想戦が出来るのもスタジアムに行ってこそのものなので、定期的に行けるようにしたい。

 

18時半。御厨駅でお互い別方向の電車に乗るためここで解散。素晴らしい時間であったことと、お互いのこれからの検討を祈りつつこちらは浜松行きの電車に乗った。

 

19時。浜松駅到着。試合の悔しさもあったため、思い切って鰻でもいったろ!と一瞬思ったが、値段にたじろいでしまったため計画変更。フォロワーからの助言も頂いた上で「五味八珍」で中華三昧ということにした。

 

20時。餃子、炒飯、エビチリ、中華スープを腹ペコのルフィーみたいな勢いで胃にぶち込んでいった。自分でもなんでこんなにかきこむのだろうか?と疑問に思ったが、それだけ引き分けが悔しかったのだろうと今では思う。俺の胃袋は浜名湖状態。

 

20時半。浜松駅で新幹線に乗りこみ品川駅へ。大きなトラブルも無く無事に1泊2日の静岡遠征を終えることが出来た。やったね!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

【最後に】

今回の静岡遠征で感じたのは、

 

①「新幹線速いから静岡に対する距離感覚がぐっと近づいた」

②「会いたい人に会っておいて、食べたいもの食べておく」

③「時間に余裕を持たせた上で計画的に行動する」

 

の3つです。

 

まずは、今まで静岡には鈍行か高速バスでしか行ったことが無かったため気持ち的に「遠くて行きにくいところ」というイメージが付いてしまったが、新幹線使えば約1時間で行けてしまう。勿論鈍行やバスの方が安いが、ある程度お金をかけることによって、距離に対する心理的な抵抗が無くなるのは大きい。さわやかをおかわりしたいのです。

 

は友人と会話していて感じたことです。6年ほど前に共通の同級生が事故でこの世を去ってしまったこともあり、友人の中でも「会える時に会っておく」という意識が強くなったそうで。全くその通りで、SNSで簡単に繋がれてしまう時代だからこそ可能な限りあっておきたい。そんなこともあってか今月はもうすでに友人2グループと遊んでいる。やったね。

 

はこういった遠征では常に意識しておきたいことですね。時間に余裕という意味では、今回行きと返り両方新幹線にしたのは大正解ですね。加えて”大体”でも良いので計画を立てる。勿論入れすぎも良くない。

 

そんなことまで学べた気がする静岡遠征でした。まだまだコロナを油断してはいけないが、少しずつ遠征出来たら嬉しい。いい経験でした。

 

では、今日はこのへんで。

 

 

 

雑感⑭♪:負け確定イベント的指導/子供たちが見たら~/顎関節症/無駄チケ

おばんな。完全に春の陽気になりましたね。行動力が失せる&雪が面倒という理由で、冬が苦手なのでようやくという感じで嬉しいです。“色々”とあって満喫は出来ませんが。今回も雑感です。

 

 

【負け確定イベント的指導】

子供の頃から疑問というか、わざわざそうしないといけない?と思っていることがある。実際にあったのが、学生時代に機材の配線を行うという授業があり、

 

「まずは何も教えないので一回機材を見たままに配線してほしい」という指示があった。学生は思い思いに配線するが、勿論正解するはずもなく不正解に。

 

指導する側も怒るわけではないが、「一回失敗した前提」で話始める。いやいや、そっちが「間違いさせた」のでしょうと。一度敢えて間違えさせることによって、間違いやすいところピックアップする狙いなんだろうけど、モヤモヤする。

 

これはRPGで言うところの負け確定イベントと一緒で、あえてそうさせる仕掛けになっているが、間違えたことによって得られるものが少ない気がする。100歩譲って、ゲームの方はまだ「演出」として捉えられるが、リアルの方ではモヤモヤが大きい。

 

だったらせめて初見ミスに寛容な社会にしてほしいな…

 

 

【子供たちが見たら~】

これもモヤモヤシリーズ。子供の頃からテレビや新聞の社説で、「子供たちが見たら~」という言い回しをする人が本当に多い。言ってしまうと教育系の人。勿論正しいとは思う。

 

幼年期や少年期という子供は影響を受けやすく、善悪の判断がしにくい。「そんな子供たちが見たらどうするんだ」という主張である。うん、正しい。

 

ただ、偉そうに語れるあれでもないが「子供たちが見た時にどう説明するのか?」に関しては教育側が担うパートであり、それは親や教育者が側の責任もあるでしょうと。

 

揚げ足を取るような言い方にはなるが、ただ子供たちに見せなければ良いのだろうか。例えば、スポーツの乱闘シーンがあったときに、子供たちに見せないようにゾーニングすればやって良いのかと。

 

自分が言うようなことではないけど、ただ見せなければいいのではなく、見てしまったときにどう説明するのかも大切では?というお話。

 

 

顎関節症

中学の頃ある日突然口が開かなくなった。厳密に言うと指一本分は開くが、それ以上開けようとすると顎の関節部分に激痛が走るようになってしまった。

 

その後、病院に行くと『顎関節症』と診断された。病院に行く頃にには症状も収まったため、特別治療は行わなかった。

 

ただ、後遺症?として右側の顎関節を少し右寄りに力を入れた開けようとすると「ゴリ!ゴリ!」と鈍い音が鳴るようになってしまった。これは今でも改善していない。

 

このせいで顎の調子が悪いときは口をパクパクさせる癖がついてしまった…

治せるんだろうか。

 

 

【無駄チケ】

前回からスタートさせた『雑感音声』の中で少し触れた3/27(日)に、行くはずだった音楽ライブ(名誉のためにアーティスト名は伏せます)の件。

 

結果的には勿論行けず。その上、チケットを譲ることも叶いませんでした。個人的にこのご時世的に行けなくなってしまったのは、悔しいけど仕方無いことだと受け入れるとして、チケットが譲渡出来なかったのはしんどかったですね。

 

7500円が完全に無駄になってしまっただけでなく、空席が出来てしまったのはそのアーティストにも良いことは無いはず。調べてみると当日券が出ており、その上自分の席も良席ではなかったので、その時点で譲渡は諦めるしかなかった模様。がっくし。

 

コロナ禍で様々な制約がある中で、色々と努力をしてらっしゃるのは十分理解した上で、返金措置ぐらいはあっても...でもこれも難しいか...いやはや救いがない話。同じような経験をされている人なんていくらでもいるんでしょうけど。

 

 

【#1】

今回も音声を。正式に#1としてスタートさせます。所々言葉に詰まったり、噛んでいる部分もあり、お聞き苦しい部分もありますがどうかご容赦を。また、音声付きの場合はタイトルに「♪」マークを付けます。アーティスト活動するときのベッキーさんみたいですね。

 

youtu.be

YouTubeリンクは限定公開ですのでSNSやブログ等に掲載しないようお願いいたします。

 

 

 

 

では、今日はこのへんで。