TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

納豆

おばんです。もう2月が終わりだそうです。にわかには信じがたいですが、どうやら事実だそうです。おーこわ。今日は軽い話を。

 

生まれてからこの方、納豆が苦手で食べられません。何ならしっかりと食べた記憶すらありません。

 

両親や、今は亡き祖父母はしっかりと納豆を食べる人間で、秋田に行った際も納豆を食べる家庭でした。そんな中、私と兄が遺伝子の突然変異としか言えないレベルでの「納豆嫌い」でした。そのきっかけはなく、物心がついた頃には納豆を食べない人間でした。

 

小学校に上がってからも給食に例のあいつ(納豆をヴォルデモート扱い)はやってきます。苦手なので、配膳ときに納豆カップを残すと周りから100%つっこまれます。

 

「納豆なんて食べ物ではない」「腐っている時点で廃棄物」「食していいヴィジュアルではない」等々のフレーズが湯水のように沸いたかと思います。納豆生産業者の方、この場をお借りして謝罪します。大変申し訳ありません。

 

そんな納豆嫌いな私が、子供のころ両親から言われた言葉があります。それは、いつものように納豆ヘイトをかます私に

 

「あなたが納豆を苦手なのは構わないけど、納豆を作る人や納豆を楽しんでいる人を否定してはいけないよ」

 

この言葉今でも思い出します。納豆に関わらず、「自分の嫌い」と「他者の嫌い」をきちんと区別することが重要だと子供ながらに感じました。価値観の違いを考える上での道徳をまさか納豆から教わるとは思っていませんでした。思うはずがありません。

 

それから幾つも時は流れ...もちろん今でも納豆は食べられません。

 

食べられないですが、世の中にはこの納豆を心の底から愛し、もしかすると人生を納豆に救われた人間がいたりすることも忘れずに生きていきたいとは思います。

 

では。

 

 

自己肯定感と矢作兼

おばんだぞ。緊急事態宣言が延長されたので、まーだ用心です。本当にいつまで言えばいいのか。今回は少し長めのやつ。10年以上前から思っていることを。

 

10代後半から病気なんかもあり、だいぶ塞ぎ込んだ人生を送っていました。行きたい高校にも行けずに終始ネガティブだった記憶です。色々変わるタイミングもあったとはいえ、その機会をことごとく逃し続けて今に。それぐらい引きずっていました。

 

高校時代からの私はいわゆる「クラスの一軍」「陽キャラ」とは真逆のタイプで、教室の片隅で読書か携帯を弄り、放課後は図書室で時間を潰す。そんな毎日でした。

 

でもそれは高校時代以降の自分であり、小中はクラスのムードメーカー的なポジションでした(強がりでもなんでもなく事実なんです!信じてください!)。

 

これが厄介で、根暗ではなく、自分の場合は「昔はクラスの人気者ポジションであったというプライド」のせいで空回りするということが何度か発生します。高校だと、それまで小中で築き上げた友人関係が一旦リセットされるので「自分の取扱説明書」が理解されないまま、学生生活がスタートしてしまいます。

 

そんなこともあり、10代後半からは「自己肯定感」が失われた精神状態だったと思います。具体的に何かに失敗したわけでもないのに、挑戦する前から失敗のことばかり考えては何も行動できない人生を送ってしまいました。

 

だいぶ前置きが長くなくなりましたが、この「自己肯定感」がここ数年とても大切だと言われて久しいです。自己啓発系の本やブログ、動画を開けば「自己肯定感が〜」の連続です。そもそもこの自己肯定感とはなんだろうか。

 

>>>「自己肯定感」とは、自分自身を受け入れ、尊重し、ポジティブに捉えることができる感情のことをいいます。他者と比較して何ができるか、何を持っているかなどで優劣を決めるのではなく、評価や成果の有無にかかわらず自分軸を持ち、そのままの自分を受け入れます。自己肯定感は、恐れや不安といったネガティブなモチベーションではなく、信頼や安心感をベースに前進する力を与えます。

自己肯定感(じここうていかん)とは何? Weblio辞書より

 

この文章を読むに、自分が失ってきたものの全てと言っていいほど、この自己肯定感が自分には無いことに気づかされます。なりたいものにもなれず、かと言って憧れはある。常に劣等感と焦燥感だけが、自分の身体をグルグルと駆け巡る。ありのままの自分を受け入れられませんでした。

 

そんなときにある芸人の言葉を思い出す。それはかつて、おぎはやぎ・矢作兼が、爆笑問題太田光に言ったとされる

 

矢作「太田さんは凄いけど、なりたくはない」

 

という言葉である。振り返ってみればシンプルな一言で矢作さんらしい言葉であるが、今の自分にとっては強く刺さりました。

 

考えてもみれば、サッカー選手にも、イケメン俳優にも、アイドルにも、資産家御曹司にも、お笑い芸人にも、NASA職員にも、東大生にも、錬金術師にも「凄いけど、なりたくない」「なれなくてもいい」と思えることで、自己肯定感は高まるような気がします。気のせいかもしれないけど。

 

今の自分は少しずつ肯定するために「憧れ」を「敬意」に変えて、自分にできること、やりたいことを確認する。そんな毎日になれたら、今よりかは自信を持てる人生になると思っています。

 

あの時「矢作兼の言葉に(勝手に)救われた」と思えるかもしれない。

 

思わないかもしれないけど。

 

では。

 

【2020年7~12月期】ここまでのリハブロ(旧)を振り返ろうのコーナー

おばんでっせ。このブログスタートさせて1年が経ちました。月2のノルマもとりあえずは何とかできそうです。今回は半年分のブログを一気に振り返る『いいとも年末特大号』的なやつです。2020年下半期編スターツ上半期はこちら

 

【7月】

この月は最多6本のブログ(リスト的なものも含む)を書きました。緊急事態宣言も一旦?落ち着いた感じもあり、気持ちに余裕ができた部分もあったかと思います。自分の考えやレポートなどをしっかりとまとめるにはやっぱりブログという形式が一番適していますね。

 

【8月】

この月は3本に終わりましたが、妄想やSS見たいなものを書けたので、新しい挑戦はできたとは思います。基本的にこのブログは何でもありみたいなスタンスでやっていけたらいいと思っています。ただ、もう少しシリーズものを頑張らないと…w

 

【9月】

この月も3本でした。しかし、短い文章のものが多かったので、分量的にはそこまで多くもないです。みんな書くモチベーションを上手くコントロールしているかと思うと、ただただ関心しちゃう…遥かにこっちより忙しいはずなのに。

 

【10月】

この月も3本でしたが、初めてライブレポを書けたのが個人的には印象的でした。レポと言っても、音楽ナタリーの受け売りみたいなものなのでオリジナリティーはほぼないです。はい。こういうレポート力ってどうすれば向上するんだろうか...

 

【11月】

この月はノルマギリギリの2本。忙しい(クソ言い訳)こともあってギリギリに2本書いたのですが、「下書き」には何本も溜まっているので、そっちをしっかりと書き上げれば月4~5本はいけるんだろうけど。

 

【12月】

この月も2本。年末ということで、「1年のまとめ」的なものを何本も書けそうな気もしましたがそうでもなかったです。よくTwitterで #キャプチャ画像大賞2020 や個人的な流行語や面白かったテレビ・ラジオをまとめている人がいるので、それブログでやれたらいいなとは思っています。今後ね今後。

 

【総括】

これは去年1年間を通してですが、「もっと書けたなぁ」という気持ちと「コンスタントに書き続けてる人は凄い」というのが率直な感想です。しかも量質共に高いレベルで。「リハビリ」と題してやり続けられたものの、コロナ禍で自宅にいる時間が無かったらもっと書く時間が少なかったんだと思います。

 

ブログなんで好きに色々書けばいい話ですが、書き始めてみるとやっぱり楽しさと難しさの両方が出てきますね。

 

今年もとりあえずは月2更新のゆるゆるノルマをなんとか死守しながら、書いていこうかと思います。

 

では。

 

 

 

 

【2021年1~3月期】チェックしているテレビ・ラジオ・配信コンテンツ

おばんです。3ヵ月に一度更新するチェックリストです。特に誰かに向けてどうこうというわけではなく、備忘録兼整理として記しておりやす。あと今回は、もう少しみやすいように「曜日別」ではなく「コンテンツ種類別」でまとめようかと思います。そう!いわゆるマイナーチェンジってやつ!(どうした急に)

 

  • テレビ(バラエティ中心)

【月曜日】

  • 【継】『内村さまぁ~ず』放送局:TOKYO MX 放送時間:23:30〜0:00 視聴パターン:録画メイン※1
  • 【継】『激レアさんを連れてきた。』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『しくじり先生 俺みたいになるな!!』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15〜0:45 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『有田ジェネレーション』放送局:TBS 放送時間:0:58〜1:28 視聴パターン:録画メイン
  • 【継】『かまいガチ』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:16~2:36 視聴パターン:録画メイン

 【火曜日】

  • 【継】『マツコの知らない世界』放送局:TBSテレビ 放送時間:20:57~22:00 視聴パターン:時々
  • 【継】『ロンドンハーツ』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15〜0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画、時々録画
  • 【継】『霜降りバラエティ』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15~0:45 視聴パターン:録画メイン
  • 【継】『あちこちオードリー』放送局:テレビ東京 放送時間:1:35~2:05 視聴パターン:録画メイン
  • 【継】『にゅーくりぃむ』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:56~2:16 視聴パターン:録画メイン
  • 【継】『シタランドTV』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:16~2:36 視聴パターン:録画メイン

 【水曜日】

  • 【継】『有吉の壁』放送局:日本テレビ 放送時間:19:00~19:56 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 】『週末極楽旅』放送局:BS日テレ 放送時間:21:00~21:54 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『水曜日のダウンタウン』放送局:TBSテレビ 放送時間:22:00〜22:57 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『バナナサンド』放送局:TBSテレビ 放送時間:23:56~00:55 視聴パターン:時々
  • 【継】『お願い!ランキング(太田伯山ウイカの「はなつまみ」)』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:15~1:45 視聴パターン:録画メイン
  • 【継】『秋山とパン』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:56~2:16 視聴パターン:録画メイン

 【木曜日】

  • 【継】『プレバト!!』放送局:TBSテレビ 放送時間:19:00~20:00 視聴パターン:リアルタイム or 時々
  • 【継】『千鳥の超クセがスゴいネタGP』放送局:フジテレビ 放送時間:21:00~21:54 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『アメトーーク』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『会心の1ゲー』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:36~2:56 視聴パターン:録画メイン
  • 】『白黒アンジャッシュ』放送局:TOKYO MX 放送時間:2:40~3:10 視聴パターン:録画メイン

 【金曜日】

  • 【継】『全力!脱力タイムズ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:00~23:40 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『ネタパレ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:40~0:10 視聴パターン:時々リアルタイム 
  • 【継】『タモリ倶楽部』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:20~0:50 視聴パターン:リアルタイム+録画

 【土曜日】

  • 【移】『勇者ああああ』放送局:テレビ東京 放送時間:22:30~23:00 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『ゴッドタン』放送局:テレビ東京 放送時間:1:45~2:10 視聴パターン:録画メイン

 【日曜日】

  • 【継】『有吉ぃぃeeeee!』放送局:テレビ東京 放送時間:21:54~22:48 視聴パターン:時々
  • 【継】『爆笑問題のシンパイ賞』放送局:テレビ朝日 放送時間:21:55~22:25 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『テレビ千鳥』放送局:テレビ朝日 放送時間:22:25~22:55 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『ガキの使いやあらへんで』放送局:日本テレビ 放送時間:23:25~23:55 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『スーパーサッカー』放送局:TBSテレビ 放送時間:0:50~1:20 視聴パターン:時々
  • 【継】『にけつッ!!』放送局:日本テレビ 放送時間:1:55~2:25 視聴パターン:録画メイン

 

ラジオ

月曜日

【火曜日】

 【水曜日】

 【木曜日】

 【金曜日】

【土曜日】

 【日曜日】

  • 【継】『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』放送局:JFN系列 放送時間:20:00〜21:55 聴取パターン:リアルタイム or 時々録音

 

アニメ、ドラマ

【アニメ】

 【ドラマ】

  • 『俺の家の話』

 

配信、その他

【月曜日】

  •  【継】『しくじり学園 お笑い研究部』配信サービス:AbemaTV 更新時間:毎週月曜日本編終了後

【火曜日】

  • 【継】『サウナを愛でたい』放送局:BS朝日 放送時間:22:00~22:30 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『公式!せせらぎTV』→『公式!踏み台TV!』配信サービス:YouTube  更新時間:23:00~24:00前後(終了時間未確定)

【水曜日】

  • 【継】『相席食堂』配信サービス:TVer 更新日時:毎週水曜日15:00に最新回を配信
  • 【継】『チャンスの時間』配信サービス:AbemaTV  更新日時:毎週水曜日23:00~0:00放送。放送後一週間Abemaビデオで無料配信

【木曜日】

  • 】『やすとものいたって真剣です』配信サービス:TVer 更新日時:毎週木曜日0:15頃最新回更新

【土曜日】

不定期】

【ラジオ】

 

【累計】

  • テレビバラエティ:33本 前期比:+4
  • テレビ(ドラマ・その他):2本 前期比:+1

  • ラジオ:18本 前期比:±0
  • 配信:6本 前期比:±0
  • アニメ:10本 (新番組が8本、継続が2本)前期比:±0

 

【感想】

改変期ではないので、そこまで大きな変化は無い印象。どちらかと言うと、今回は表記を曜日基準からコンテンツ別基準に変えたことが大きく変えたところです。あとは、「アニメ」の部分の曜日と放送局を無くしてスッキリさせました(配信や放送局がバラバラなこともあるので)。もしかしたら、全体的に曜日表記は無くしてもいいかもな・・・

 

※1:Amazon Primeでの配信をMX版に再編集にして放送中

※2:リアルタイムで聴取しつつ就寝。就寝パートは後日録音を再生。

 

 

新年のご挨拶と目標とご報告

おばんです。だいぶ遅れましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくどうぞです。

 

 2021年にはなったものの、対して去年とは変わらなさそうな一年になんとなくなりそうです。理由としてはやはり、去年からのコロナ禍という状況が全く変わらないというのが大きいです。

 

ただ、それでもダラダラと時間が過ごしていくのも面白くないので、目標っぽいものを何個か決めていこうかと思います。

 

  • 有名サウナに行く

一昨年からサウナにハマったのですが、コロナによる自粛と金欠によってほぼほぼ地元のサウナしか行けませんでした。今年こそは有名店(北欧、かるまる、しきじ)に挑戦して「サウナ好き」とそれなりに言えるぐらいにはなりたいです。

 

  • 映画50本、読書30冊鑑賞する

去年は自粛期間も手伝って映画は56本、読書は16冊鑑賞しました。映画に関しては過去最高の本数を記録しましたが、読書はもう少し増やしたいです。

 

英語学習自体は数年前からちょびちょびとやっていましたが、TOEICは実は受けるタイミングを逃し続けているので、今年はとにかく受けてみたいと思っています。Amazon Primeの読み放題にいい感じの参考書を見つけたのでやるしかないと思っています。

 

  • 小説・脚本を書いてみる

これも去年からやっていますが、とても人前に公開できるクオリティではないのでほぼやっていないに等しいです。それなりに公開出来そうだなと思ったら、このブログか投稿系のサイトにでも出そうかなと思っています。

 

  • 一人旅行に行く(コロナ明け)

これは目標というよりも願望ですが、コロナが終息に向かった上でまったり一人旅でも考えています。今のところは静岡、広島、熊本あたりを行けたらとは思ってます。

 

  • ブログ月2回更新というノルマを達成する

去年2月だけ1回の更新だけで終わったので、今年こそはこのノルマを達成したいです。ゆるゆるノルマ。

 

最後に。一年前に『TSTのリハビリブログ』としてスタートしましたが、「リハビリ」が自分の中で一区切りついたかなと思ったので、改名します。

 

『TSTの無心テキスト』というタイトルでやっていきます。このタイトルの意味としては「ブログを通して何かを成功させたい!」「記事を書いてバズりたい!」という欲求がゼロなので、「無心」と付けました。心底どうでもいいですね。

 

では。

 

isomura-sun.hatenadiary.com

 

 

 

 

今年を雑に振り返ってみる

おばんです。大晦日ですね。今年1月に始めたこのブログ、月2で更新すると決めていたにもかかわらず、いつも更新するのは月末ギリギリというこの習慣を来年こそは辞めにしたいです。あと、書きだめているブログが十数本あるので来年以降片付けようかと思いますがあまりやる気は起きていないです。今年を雑に振り返ります。

 

今年はもうコロナでほとんどやりたいことも出来ず、行きたいところにも行けず全てがストップした一年という印象しかありません。

 

未曽有の事態ということで、社会も個人も大混乱したわけですが、それでもなんとか「自分」を保つために、色々と工夫した一年でもありました。

 

ハマったこととして、先日のブログでも書きましたが、筋トレやサイクリングなんかの運動を少しずつ習慣としてスタートさせたのは心身ともに良い影響があったかと思います。また、ラジオ熱再燃したりSwitchの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』にもハマりました。

 

とりあえずは家で何かをしないとという一年だったかと思うので、今まで培った「自宅過ごしスキル」を遺憾なく発揮できたかと思います。

 

とはいえほぼ家にいるわけではなく、ライブや小学生以来にディズニーランド行ったり少しではあるものの以前のようなエンタメを楽しむことも出来ました。

 

気を付けつつも少しづつ日常を取り戻せたかと思っています。

 

最後に。コロナ禍で全てが狂ったようにも思いましたが、このブログを書くというのもそうですが、「習慣化」することで時間をかけて自分に良い影響を与えれるようになったのは今年においては「良い影響」だったかと思います。

 

来年こそは全てが収まった状況になることを節に願います。では。

 

 

 

 

自粛期間中に始めてよかったこと

おばんです。気づけば師走です。もう何が何だかな一年になりましたが、とりあえずは終わろうとしています。ここまで何も出来ず、苦しい思いをする一年は今年で終わりにしてほしいと切実に願います。

 

今日はそんなコロナ禍でやっといて良かったことやハマったことを備忘録的にまとめてみようかと思います。

 

【趣味・文化系】

  • ラジオ:元々ラジオは好きで週に10本以上は確実に聞いていましたが、この自粛期間を経て確実にラジオを聞く本数と熱量が増しました。自粛期間のおかげで家にいる時間が増えたことと、地上波の放送に加えてGERAやYouTubeラジオなどのネットコンテンツが充実してくれたおかげで、めっきりラジオ漬けの生活になりました。おすすめのラジオ(的コンテンツも含む)は『さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ(TBSラジオ』『公式!踏み台TV!(YouTube』『ランジャタイぽんぽこちゃんねる(YouTube』の3つです。だいぶ絞りましたw

  

  • テレビ:こちらも勿論、元々好きでしたが、確実に「見る習慣」が身に着きました。いつも見る時間も無く、HDDからBDに見ないままダビングしていた番組が何本かあったのですが、その番組を確実に見るようになりました。その中では『有田ジェネレーション』をしっかりと放送日の翌日には見るようになりました。 

 

  • 読書:読みたい本を買ったはいいものの、読む時間が取れなかったものをこの自粛期間中に何冊か読み終えました。『ナナメの夕暮れ』『限りなく透明に近いブルー』『自分の中に毒を持て』の三冊です。詳しいレビュー等はしませんがおすすめです。

 

【学習系】

・英語:大学受験時代に最も力を入れたのが英語なんですが、合格後に燃え尽きてしまったのか定期的な学習は行いませんでしたた。自粛期間にとりあえず一日50単語と英文音読をほぼ毎日行うように習慣づけました。予定は無いですが、コロナ後にTOEICを受けれたなとは思ってます。

 

・数学:中学時代からの苦手科目で、高校から完全に挫折してしまったのでこの際リハビリとしてもう一度やり直しました。中学数学から再開して高校数学にステップアップしたのですが、もう違うジャンルの学問をやっているような気になります。

 

【運動系】

・筋トレ:運動不足解消のため、去年から行っているのですが、今年からその回数とやる部位を増やしました。ただ、それだけです。

 

・ストレッチ:風呂上り後に以下のセットをやってます。ただ、それだけです。

youtu.be

・ウォーキング→サイクリング:緊急事態解除後、これも運動不足解消するために始めました。最初はラジオや音楽を聴きながら始めたのですが、新しく自転車を購入したことで今度はサイクリングにもハマりました。週1~2のペースで漕いでます。

 

【その他】

・オンライン会話:いわゆる「オンライン飲み」的なやつをSkypeやLINE通話などを通してやってます。元々は地元の友人と飲み会が出来ないので始めたのですが、これが結構楽しく何回かやっています。また、Twitterのフォロワーとも不定期にSkypeで話しているのですが、普段話せないお笑い・テレビ関連の熱い話ができて本当に楽しいです。

 

・瞑想:これも不定期ですが、心がモヤモヤしたときに一日のリセットとして行っています。こういった状況なので精神的に不安定になりやすいため、自分の中でリセットするスイッチとして行っています。

 

・行動のルーティン化:これは「初めてよかったこと」というよりも、やることが結果的に増えたので、ルーティン化することによって、習慣づけてやりやすくなったという感じです。朝起きてからの手洗い・うがいなどの生活的なものから、「何曜日はこれを見る」「週に何回は筋トレをする」など軽い目標のクリアにも役立ってます。

 

最後に。随分と中身の薄い内容でしたが、「記録」としては一応まとまったかと思います。コロナという不安定な状況が続く中でも、きちんと自分を見失わずに積極的でありたいです。では。