TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

雑感⑥:ミス、正論、五輪、別に何かあったわけじゃないけどシリーズ

おばん2020。オリムピツクは競技の方は始まりましたね。色々ありましたが、始まってしまうと競技はやっぱし見ちゃいますね。選手やスタッフたちは頑張ってほしいです。はい。今回もストックの溜まった雑感を。

 

ミス

何かミスをすると「どうしてそのミスを犯すのか?」「なぜそれがミスなのか?」ということを1から10まで論理的に説明する人が殆どだけど、ミスした側が十分にその理屈を分かっている場合は「そこから始めます?」って正直思っちゃうな…もうちょいヒヤリングしてほしいのが本音。

 

勿論ミスをした瞬間って立場が無いから、直ぐに反省モードに入らないといけないんだけど、「それは分かってます!分かっているんだけども…!」というのが中々ニュアンスとして伝わりにくなという。うーん難しい。

 

「どう見られているか」と「どう見せるか」の境い目をきちんと理解して、「そのことを重々承知の上、以後気をつけます」って言うしかないのが現状。変に言い返しても面倒くさくなる。

 

正論

ひろゆきの動画配信並びにその切り抜き動画が人気になっている。ひろゆき氏は「正論」「論破」で人気を博している人物である。その他ネット論客やタレントもしかり。

 

「正論」と辞書で引けば道理にかなった正しい意見や議論と出てくる。いやはや全くその通りだ。その通りなんだけど、この近年の「正論以外何事も許さない」とする空気は何なのだろうか。

 

そして、動画サイトやニュースサイトは今はまさに「正論ブーム」。サムネイルや記事タイトルにはこれでもかと「正論」の文字。そんなに軽く使っていい言葉だったかと。疑問に感じる。

 

「正論」って客観的な評価の言葉だと思うし、何よりも「誰かが論破する様」がエンタメ化し過ぎな気がする。

 

その結果の行く末まで考えているんだろうか…色々と長くなったけど、マキタスポーツ氏のしょんべん正論と同じ感想です。

 

 

五輪

色々あったけど、ここまできたらやっぱり成功してほしい。というよりかは無難に終わってほしい。半分ヤケになっているけど。子供のころからずっとテレビで見てきたけど、やっぱり楽しいし、分かりやすく盛り上がる。

 

サッカーファンになってからは、「U-23WC」としてもより一層熱量入れて見るようになった。

 

で2013年。開催決定は本当に嬉しかったし、やっと身近に国際大会が来る!という期待で胸が膨らんだ。日韓WCを見に行けなかったのを未だに後悔しているので尚更。

 

その後は色々とあり過ぎて割愛するけど、それでも大会さえ始まってしまえば…!という気持ちです。ヤケです。一生に一度あるかないかの夏季五輪。それでも思うのは、前にも少し言ったけどこれで「開催したこと」になるのが何とももどかしいし悔しい。完璧な状態で2030年代にもう一度やる権利ありませんかね…?それぐらい五輪に感情込めています。

 

そのためか、普段からスポーツにあまり関心の無い人達から発せられる「もう中止でいいよ論」には理屈で理解できても感情で理解できない。悪気とかは一切ないのは勿論分かっているんだけど。

 

大会や選手たち、スタッフの成功と安全を心からお祈りします。

 

 

別に何かあったわけじゃないけどシリーズ

「困ったら何でも聞いてね!」って言ってくれた人が、1聞いたら10返してくるタイプの人だと聞きにくくなるな…多い!多い!ってなる。

 

 

きょうはこのへんで。では。

【2021年1~6月期】ここまでの無心テキストを振り返ろうのコーナー

おばんナンデス♪ 7月中旬です。夏です。EUROはイタリーが優勝しましたね。めでさん。で、どうやらオリムピツクが無観客で開催されるようで。何かしら見に行きたかったですね。これで人生に1回あるかないかのイベントが「開催されたこと」になるのが個人的にはもどかしい...今はただ選手たちの幸運を祈ります。で、今回は半年の一度の振り返り企画です。去年下半期はこちらからどうぞ。

 

【1月】

緊急事態宣言2ndシーズンもあってかテンション上がらなかったです正直。ただいつも通り見る聴く等のコンテンツ消費はしていたかとは思います。あと、目標に関してはほぼほぼ達成できていないです。そんなもんですよね。自分に甘い。

 

【2月】

多分?この月もモチベーション上がらなかったんだと思う。ただ、数というよりかは質ということで、それなりに長文を書けたと思う。特に『自己肯定感』のブログは、フォロワーの方に読んでいただいて共感してもらったので感謝してます。

 

【3月】

この月も2本。去年12月にディズニーランドに行った話とポケモンのデータが消せない話。どちらも思ったような文章が書けて良かったです。少しシリアス?な話はTwitterでは中々書けないというのもあってこのブログ立ち上げて良かったと思っています。

 

【4月】

この月も2本。3か月に一度のチェックリスト更新と秋田の思い出。初めて秋田の話をしっかりと書いたのと同時に、ネットとテレビのコンテンツに関する話は一生するんじゃないかと思い始めました。自分の中でも大きなテーマなんだろうな。

 

【5月】

ついに登場『雑感』シリーズ。今までなぜこのフォーマットで書いてこなかったのか後悔するレベルで書きやすい。ブログだとある程度「量」を書かないと...!という意識に駆られていたけど、この書き方なら複数テーマをまとめることで1つブログが成立してくれる。ブログ本編でも触れたけど、伊集院さんの『のはなし』シリーズに完全に影響を受けているので、感謝しかない。感謝でいいのかな?

 

【6月】

この月も雑感で2本。完全に雑感ブログではないか。書きやすいけど、少し雑多にもなるかなと思っているけど、たぶん暫く続きそうです。あと、Twitterで少し書きにくいな…と思っている話題を割と思ったまま書けているので、繰り返しになるけどこのブログがあって本当に良かったです。限られた人しか見ないですからね正直。

 

【総括】

2021年上半期に関して思うのは、やはり『雑感』というフォーマットで書けるようになったことですかね。1ブログに3~4本ネタがあれば仕上がるので書きやすいですし、ストックも作りやすいです。

 

どうしてもブログをやっていると「1ネタ1記事」という風に考えてしまって、身構えないと書けないなという固定概念があったけど、そこから抜けることが出来たので良かったです。

 

では。

雑感⑤:誤解されやすい、不可抗力、流行り言葉への言い換え、クソリプ、夢

おばんやさかい。昨日は3か月に一度のチェックリストを更新して満足したのですが、まだまだ『雑感』のストックがあるので書いていこうかと思います。別にTwitterに息苦しさとかは全然感じてないです。ただ、Twitter上で言うのは違うのでは…?と思うことは増えているので、こっちで書きます。はい。

 

誤解されやすい

「誤解されやすい人」っていますよね。かく言う自分もその一人で。誤解されやすい理由は様々で、「物事をハッキリ言わない」「説明・情報不足」「余計なことを言っている」などなど…色々あるとは思うんですが、個人的には「ナメられている」が結構大きい気がする。

 

ナメられている人って、結果的に「あの人のことを『失礼に誤解』していても全然いいよね」と思われている節が絶対にあると感じている。(半分は被害妄想)

 

もっとシンプルに言えば信用されていないということだろうけど、それでも「そんな誤解ある???」って思うようなことも結構ある。それはこっちの問題ではなく、そちらがナメすぎているか理解能力が無いだろうなって単純に感じる。

 

ナメられている状態から脱却するには中々に厳しい。厳しいけど、信用をコツコツ積み重ねることは意外と出来そうな気がする。結果で黙らせるとかは特に効果的。見てろよ見てろよ~~~。

 

 

 【不可抗力

高校時代のお話。地元で行われた何万人規模というお祭りに参加した際に、自分の手首が前方の女性に当たってしまった。勿論事故で不可抗力。しかし、前方にいた女性グループからは「今なんか痴漢されたんだけど!」「え?マジ?最悪じゃん」という会話が聞こえた。

 

正直、生きた心地がしなかった。一瞬のことであったが今でも忘れたくても忘れられない。もしこれが自分だと追及されたら...ただただ恐怖でしかない。勿論女性側も不快で、恐怖でしかなかったと思う。が、紛れもなくこれは事故だ。

 

それ以降、何万規模という人込みの中では手を後ろに組むか、スマホを触って「事故」が起きないようにしている。そうするしかないよね。

 

流行り言葉への言い換え

それまであった言葉を「今流行っている言葉」に言い換える流れに違和感しかない。 覚えているところでは、それまで月額定額制のサービスなんていくらでもあったのに『サブスク』とここにきて言い換えてきたり、スカパーであるアーティストのライブ生中継を『ホームライブビューイング』と言ったり、挙句の果てには『見える化』って・・・w『可視化』って言葉ありますよね???

 

新しく認知された概念やサービスならまだしも、それ以前に適切な言葉が用意されているのであればもう無理に言い換えなくてもいいと思う。まず、分かりにくくなることの方が多いだろうし。

 

クソリプ

色々あって鍵アカウントだったのが去年からふと外してみた。そうするといわゆる「クソリプ」というものがたまに飛んでくる。詳しい内容は割愛するが、それ私に言う必要性あります?というのがほとんどで、そのほぼ全員が引用RTという形式で行われる。

 

ただ、基本的に責めるつもりはない。理由は自分も過去にやってしまったことを何回かあるから。その節は大変失礼いたしました。こっちの内容も割愛。本当に見るに堪えないので。

 

ただ、引用RTの仕組みは改善点アリだと思う。せめてそのコメントがリプライとしてこちらの通知欄に表示されるのはどうにかオフに出来る設定はほしい。あなたはニュースサイトにコメントしたような気でいるけど、こっちは通知されるわけで。

 

もう絶対に無理な夢として、テレフォンショッキングに出たい!タモリさんと他愛もないおしゃべりをして、番宣して、1/100アンケートやって、運が良ければストラップ貰って、電話で友達紹介して帰りたい。いくら払えば体験できるんだろうか・・・

 

 

今日はこのへんで。では。

 

 

【2021年7~9月期】チェックしているテレビ・ラジオ・配信コンテンツ

おばんなんで。7月です。夏です。五輪だそうです。色々あるとは思いますが、やるみたいですね。個人的には、「外国人だらけになる東京」をかなり楽しみにしていたので、それが無さそうなのでそこだけでもさみしいです。ということで今回も「ほぼ自分用」のチェックリストです。

 

 

テレビ(バラエティ中心)

【月曜日】

  • 【継】『内村さまぁ~ず』放送局:TOKYO MX 放送時間:23:30〜23:57 視聴パターン:録画メイン※2
  • 【継】『激レアさんを連れてきた。』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『しくじり先生 俺みたいになるな!!』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15〜0:45 視聴パターン:録画
  • 【継】『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜』放送局:TBSテレビ 放送時間:0:58~1:28 視聴パターン:録画
  • 【継】『さまぁ~ず論』放送局:テレビ朝日 放送時間:2:56~2:16 視聴パターン:録画

 【火曜日】

  • 【継】『マツコの知らない世界』放送局:TBSテレビ 放送時間:20:57~22:00 視聴パターン:時々
  • 【継】『ロンドンハーツ』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15〜0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画、時々録画
  • 【継】『霜降りバラエティ』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15~0:45 視聴パターン:録画
  • 【継】『にゅーくりぃむ』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:56~2:16 視聴パターン:録画

【水曜日】

  • 【継】『有吉の壁』放送局:日本テレビ 放送時間:19:00~19:56 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『水曜日のダウンタウン』放送局:TBSテレビ 放送時間:22:00〜22:57 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【移】『あちこちオードリー』放送局:テレビ東京 放送時間:23:06~23:55 放送局:テレビ東京 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【新】『お笑い実力刃』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 放送局:テレビ朝日 視聴パターン:録画
  • 【継】『お願い!ランキング(太田伯山ウイカの「はなつまみ」)』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:15~1:45 視聴パターン:録画メイン

【木曜日】

  • 【継】『プレバト!!』放送局:TBSテレビ 放送時間:19:00~20:00 視聴パターン:リアルタイム or 時々
  • 【継】『千鳥の超クセがスゴいネタGP』放送局:フジテレビ 放送時間:21:00~21:54 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『アメトーーク』放送局:テレビ朝日 放送時間:23:15~0:15 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『かまいガチ』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:15~0:45 視聴パターン:録画
  • 【継】『NEWニューヨーク』放送局:テレビ朝日 放送時間:1:56~2:16 視聴パターン:録画
  • 【継】『白黒アンジャッシュ』放送局:TOKYO MX 放送時間:2:40~3:10 視聴パターン:録画

【金曜日】

  • 【継】『全力!脱力タイムズ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:00~23:40 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『ネタパレ』放送局:フジテレビ 放送時間:23:40~0:10 視聴パターン:時々リアルタイム 
  • 【継】『タモリ倶楽部』放送局:テレビ朝日 放送時間:0:20~0:50 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 】『太田上田』放送局:tvk 放送時間:0:30~0:55 視聴パターン :録画

 【土曜日】

  • 【継】『ゴッドタン』放送局:テレビ東京 放送時間:1:45~2:10 視聴パターン:録画メイン

【日曜日】

  • 【継】『有吉ぃぃeeeee!』放送局:テレビ東京 放送時間:21:54~22:48 視聴パターン:時々
  • 【継】『爆笑問題のシンパイ賞』放送局:テレビ朝日 放送時間:21:55~22:25 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『テレビ千鳥』放送局:テレビ朝日 放送時間:22:25~22:55 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『ガキの使いやあらへんで』放送局:日本テレビ 放送時間:23:25~23:55 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『にけつッ!!』放送局:日本テレビ 放送時間:1:55~2:25 視聴パターン:録画メイン

 

ラジオ

月曜日

【火曜日】

 【水曜日】

 【木曜日】

【金曜日】

【土曜日】

 

【日曜日】

  • 【継】『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』放送局:JFN系列 放送時間:20:00〜21:55 聴取パターン:リアルタイム or 時々録音

 

アニメ・ドラマ

【アニメ】

【ドラマ】

  • 『サ道 2021』

 

配信・その他

【月曜日】

  • 【継】『サウナを愛でたい』放送局:BS朝日 放送時間:22:00~22:30 視聴パターン:リアルタイム+録画
  • 【継】『しくじり学園 お笑い研究部』配信サービス:AbemaTV 更新時間:毎週月曜日本編終了後

【火曜日】

  • 【継】『公式!せせらぎTV』→『公式!踏み台TV!』配信サービス:YouTube  更新時間:23:00~24:00前後(終了時間未確定)

【水曜日】

  • 【継】『相席食堂』配信サービス:TVer 更新日時:毎週水曜日15:00に最新回を配信
  • 【継】『チャンスの時間』配信サービス:AbemaTV  更新日時:毎週水曜日23:00~0:00放送。放送後一週間Abemaビデオで無料配信

【木曜日】

  • 【継】『やすとものいたって真剣です』配信サービス:TVer 更新日時:毎週木曜日0:15頃最新回を配信予定

【金曜日】

不定期・月一】

【ラジオ】

 

【累計】

テレビバラエティ:30本 前期比:±0
テレビ(ドラマ・その他):0本 前期比:±0
ラジオ:19本 前期比:±0
配信:6本 前期比:±0
アニメ:6本 (新番組が5本、継続が1本)前期比:-1

 

【感想】

7-9月期なので、大きな変化は無く。強いて言えば夏アニメと『マヂカルクリエイターズ』の放送終了ですね。放送終了というか、元々1クールものだったというだけですが。もう完全に『勇者ああああ』の濃い部分を抽出したような番組で好きでした。勇者同様に今後は配信ライブやるみたいなんでそれが楽しみです。夏アニメは『小林さんちのメイドラゴンS』『白い砂のアクアトープ』なんかが楽しみです。あと、ゾンビランドガリベンジ最高でしたー!ライブ行きたい!

雑感④:運も実力のうち、倍速再生、紙一重

おばんなさい。EURO2020のおかげで楽しいサッカー観戦ライフを送っています。ですが、寝不足気味なので体調等気をつけたいと思います。もうずっとこの「雑感」というフォーマットが気入ってます。書きやすいのと分量が自由なので、Twitterでは書かないことを書くにはぴったりです。

 

運も実力のうち

高校一年生の頃、確か学園祭か何かの出し物を決めるジャンケンで、自分がクラスの代表者として参加することになった。で、負けた。クラスに帰るとこっちが「まぁジャンケンだし…」と言うと、冗談混じりで「運も実力のうち」と言われた。全く納得出来なかった。

 

「運も実力のうち」という言葉は慣用句であり、調べてみると

 

1.一見、幸運に見えることも、実はその人の日頃の行ないや努力に よって必然的に起こっているのだということ。

2.成功するか否かは、努力よりも運不運によるところが大である。 まぐれで勝っても、勝ちには違いないということ。

 

と書かれている。「日頃の行いによって運を呼び寄せることがある」「勝負は運の要素も大きい」という意味であり、「運で負けた人は実力も無い」という意味は通らない。そこの逆説はイコールにならない。はず。

 

過去に嫌だったエピソードを思い出したは、今の思考で分析して「やっぱおかしいじゃないか!」とやってしまう癖があってただただ疲れる…やめよう…w

 

倍速再生

最近流行っていますよね。時短時代だとは思うし、実際コンテンツ過多になっているから利用する人は多いと思う。ただ、個人的には「物語性のある映像」と「音楽」は倍速再生はしないと思う。

 

まあ音楽は論外として、物語性のある映像つまり映画やドラマ、アニメやドキュメンタリーなんかは倍速は多分しない。「その時間の流れも演出」と考えているから。例えば、2時間の映画なら「2時間で見る」も演出の一つで、その時間をいじるのは製作者の意図に反するじゃないか?と感じてしまう。

 

よほど忙しくて、どうしてもチェックしないといけない映画ならやむを得ないかもしれないけど。そんな状況はほぼほぼ無いと思う。

 

ただ、YouTubeの解説系の動画やトーク系の番組なんかの倍速再生は結構やる。「脳に情報を入れること」が目的なので。

 

紙一重

「こだわり」と「めんどくささ」って紙一重だと思う。前者は肯定されているめんどくささで、後者は否定されているこだわり。つまり否定されてるか肯定されているかの違いであって、基本的には同じようなもの。

 

世界の巨匠、黒澤明監督がリアリティを追求するために、映画の中に出てくる薬箱の中に本物の薬入れた話(薬を出すシーンは一切無い)があるが、これを黒澤監督以外がやろうもんなら大ブーイングなはず。

 

自分の「こだわり」を理解されなくても、よほど人に迷惑をかけなければ最悪いいんじゃないかと思っている。開き直りと言われればそれまでなんだろうけど。その代わり、他者に対して安易に「めんどくさい」とは言わないようにしよう。うん、それがいい。

 

 

今日はこのへんで。では。

 

追伸:色々とカテゴリーを細分化したはいいものの、そこまでやる必要あったか?思っているので近々統合してみようかと思う。

雑感③:プライド、プチ遅刻、サイン

おばんなんだな。山下清風。6月に入って一気に暑くなって完全に全てのやる気が低下しています。怖いのはコロナを言い訳に室内にいることがほとんどなので、夏を感じないまま秋になりそうなところです。今回も「書きやすいなー」と完全にハマっている雑感を。

 

プライド

「プライドが高いのは良くない」と言われて久しいけど、ちょっと違う気がする。プライドってその人の発言や行動に反映した上で不自然でなければ全然構わない。というか、向上心や強い信念は必ずどこかで身に付けたほうがいいはず。

 

結局は「プライドをコントロールできない精神状態」が一番まずい気がする。高すぎても低すぎても、メリット/デメリットはそれぞれあってそこを認識できないままだと、発言や行動に反映されてしまう。気がする。

 

それで今の時代って、芸能人もスポーツ選手も一般人も謙虚な人が凄く多いというか「謙虚ブーム」なんじゃないかと思うほどなんだけど、この件はまた別で書こう。

 

プチ遅刻

この前遅刻をしてしまった。遅刻とは言ってもプチなので5分程度なのだが、それでも相手を待たせてしまった。若干注意はされるだろうな…と思っていたが、相手は30分~1時間ぐらい遅れたのと同じレベル(体感)で注意された。悪いの完全にこちらなのだが、腑に落ちない。

 

そこまでのことか?と思いつつも深々と謝罪。この件はついてはこれでおしまい。そこで思いついたが、遅刻ポイント制度というもの。詳しく説明すると、

 

遅刻をポイント制にして、遅刻をした人が遅刻を待ってもらった人にお詫びとして「遅刻ポイント」を渡すというもの。なお遅刻時間が長いほど、払わないといけないポイントが増える。

 

これなら万が一、遅刻をしてしまっても「ポイントが相手に溜まる」というメリットがあるので、待っている側の溜飲が下がると思う。溜まったポイントは各種ポイントサービス同様に割引や決済に利用できる。

 

なんでこんなこと考えたかと言うと、人生トータルで遅刻を何十時間と待ったにも関わらず、たった数分遅れただけで厳重注意受けるのはおかしいと思ったからです。腑に落ちない!

 

サイン

言わなくてもいい正論を言いたくなったら、休めのサインです。寝ましょう。

 

今日はこの辺で。では。

 

雑感②:口論、コミュニケーション能力、フリート機能、今

おばんなのね。前回に引き続き、『雑感』シリーズをやっていこうかと。書いてみると意外と浮かんでくるので、自分に合っているのかなと思ってます。あと書いていて気づいたのですが、伊集院光さんの『のはなし』というエッセイが好きなのですが、この雑感シリーズはかなりインスパイアされてます。気になった人は読んでみてください。

 

口論

ネットでもリアルでも、基本的には金持ち喧嘩せず精神で口論に発展しない方向にもっていくけど、殴られたら殴り返すぐらいはしてもいいと思っている。それぐらいはやりますよ?という意思表明は必要かなって思う。実際の喧嘩と一緒でしないに越したことはないけど、筋トレはしとくみたいな。ムキムキな人は喧嘩売られること少なそうだしね。

 

コミュニケーション能力

今の時代は「コミュニケーション過多」だなっていうのを感じる。言葉でも画像でも音声でもなんでも。コミュニケーション能力云々って言われて久しいけど、コミュニケーションするツールやスピードがそれまでの時代とは比べ物にならないぐらい肥大しているのに、そこに一切触れずに「コミュニケーション能力不足」でくくるのは少々無理があるんじゃなかろうか。

 

そもそもコミュニケーション能力って、話す能力、聴く能力、伝える能力、書く能力、理解する能力、身振り手振り、表情・・・等々の能力の総合値だと思ってて、ただの「おしゃべり力」や「テンションの高さ」だと思っている輩が多い気がする。特に自称コミュニケーション能力が高い人なんかそうなんじゃないでしょうか(ド偏見)

 

少々私情が入ってしまったけど、コミュニケーション自体が複雑化しているので、「コミュニケーション能力」という概念自体もう少し細分化したほうがいいのでは?とは思ってます。はい。

 

フリート機能

去年11月、Twitterに搭載された機能で24時間で消えてしまう一時ツイートのようなもの。Instagramのストーリーとほぼ同じだそうです。(こっちは使ったことなし)今のところ、わざわざツイートしなくてもいいことを並べるように使っている。

 

その日飲んだバナナジュースのレシピや、本のブックカバーデザイン画像、特に凄くもない風景…考えてみればツイートでも別に構わない。それでもなぜかフリートのほうに乗せてしまう。不思議。

 

フォロワーの方が、「フリートは鍵ツイート」とおしゃっていたけど、これはその通りだなって思った。基本的に相互フォローの一部の人しかフリートまでは見ないし、RTされることもない。

 

未だにどういう使い方が自分にとって正解かが分からないけど、なんとなくバナナジュースレシピを載せる続けると思う。

 

嘘みたいに鼻がかゆい。何故。

 

今日はこのへんで。では。

 

 

のはなし