TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

ホームシアター計画①:4Kテレビとテレビラック

おばんかな。おばんだったらいいね。昨日に引き続き長文の更新。完全にノルマに追われている。楽しみでやっているのにね。今回は、ずっと計画しているホームシアターについて書きます。

 

今年に入ってからふとホームシアターのシステムを構築しようと考えるようになった。きっかけは去年レコーダーを新調し、それに合わせてテレビも新調しようと画策したときに「新しく買う液晶テレビは音が薄いらしいからサウンドバーも付けよう!」と思ったが、色々と調べていると、小型スピーカーなら5.1サラウンドシステムも導入できるのでは!?と最終的に行き着いた。

 

凝り性の悪い癖でどんどん新しい機器や組み合わせを知れば知るほど、やりたくなってしまう...勿論バカ高いものを買うつもりは無いが10~12万ぐらいで収めようとは思っている。

 

そしてまず買わないといけないのが、4Kテレビである。絶対に4Kじゃないといけない!という気持ちは少なく、「あればいいや」ぐらいにおもっていたが、NetflixやDisney+などの映像系サブスクサービスが4K対応になり、レコーダー経由でBS4Kのチャネルも見られようになったことで購入を決意。

 

ただここで問題なのが、決まったサイズのテレビしか入れられないということである。テレビラック替わりに使っているタンスの両脇にもタンスがあり、例えるなら漢字の凹のようになっている。ここの横幅がちょうど90.4cmしかない。メーカーによるが、これは40型の横幅とほぼ同じということになる。

 

これより小さいサイズを選べば...ということも考えたが、2022年2月現在国内主要メーカーで発売されている4Kテレビの最小サイズが40型であり、それ以下はフルHD画質のものになるとのこと。これでは意味がない。両脇のタンスをほんの少しずらして何とか場所を確保できるとは思うが、若干不安でもある。

 

・4Kテレビ

購入を考えているのはPanasonicのTH-40JX750という製品で決定。機能のことを考えればSONYBRAVIAシリーズを考えたが、4Kテレビの最小サイズが43型なためパス。結局はレコーダーと合わせる形でVIERAシリーズにすることにした。そもそもではあるが、4Kという規格自体がまだまだ大画面向けのものなため対応サイズのラインナップが少なめというのが現状である。(PCディスプレイでは37型以下の4K画質の製品があるため作れるとは思うんだけどな。採算が合わないからかな?)

 

kakaku.com

 

 

・テレビラック

今回はテレビラックも新調することに。理由はレコーダーをテレビ下に置くため。現在レコーダーは凹の右上側に設置しているが、ここにAVアンプを置く予定なので、レコーダーを移動させたい。場所的にも制約があるが、薄いテレビラックを使ってレコーダーを下に置けば万事解決。採寸もちゃんと測った上で、田窪工業所のPCR-80KMにすることにした。内寸が6.7cmで、レコーダーの厚さが6.6cmなので若干不安あるが…w

 

 

 

・テレビ上ラック

5.1chサラウンドのセンタースピーカーを設置するうえでどこに置くかを悩んでいたが、テレビ上に天板を置いてそこにセンタースピーカーを設置しているブログ発見。マネしてみることにした。テレビ裏にあるネジ穴にバーを固定し、その上に天板を乗せる仕組みらしい。よく考えるよなぁ...

 

 

 

今回はテレビとその周辺だけをざっとまとめてみました。これに加えてアンプとスピーカー、スピーカーを固定する金具や木材、ケーブルなんかも用意しないといけないのが大変...ただ大変な分完成したときの面白さや楽しさはあるはず!引き続き計画が進み次第長文書く予定です。まずは前テレビの内蔵HDDを空にしないと…

 

では、今日はこのへんで。