TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

雑感⑨:サウナ/新BDレコーダー/ディズニーシー

おばん東英二。ゆで卵や。めでたく秋がご臨終されました。ご冥福をお祈り申し上げます。もうちょっと延命してほしかったな。一気に寒くなると本当に服に困るのよ。今回も今年に入って気に入っている『雑感』を。2ヵ月ぶりの更新です。

 

【サウナ】

一昨年に放送されたテレビ東京のドラマ『サ道』を見て以来サウナにすっかりハマってしまった。調べてみると、地元にサウナの追加料金無しで入浴できる銭湯が今年からリニューアルOPENしたのも大きかったです。

 

そこからコロナ渦があり、中々入れない時期がありながらもサウナに入り続ける日々を続けている。飽き性な性格でもここまで続けられるのはやはり「確実にリラックス出来る」ということと、最近になって感じるのは「スマホやネットを見なくて済む」というのも大きいかと思っている。

 

この情報社会、連絡社会に日本全体が疲れているような気がする。その結果がこのサウナブームの一旦を担っていると思う。キャンプなんかが流行っているのも同じような理由かなと。

 

来年以降もサウナの人気店に行けたら最高ですね。個人的には熊本の湯らっくすには絶対行きたいです。マッドマックスボタン押したい!

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

 

【新BDレコーダー】

先月BDレコーダーを新調した。新調と言っても、元々はテレビにレコーダーが内蔵したモデルを使用していたので、レコーダー単体で買うのはこれが初めて。

 

購入したのは、Panasonicの「DMR-4T201」というモデルで、4Kチューナーを3基内蔵し、HDDは2TBという今までの2番組同時録画と320GBだった頃に比べたら大幅なステップアップに成功。

 

これにより、HDD容量圧迫による緊急ダビングという不毛な行為からやっと抜け出せる。録画倍率も最大15倍まで対応しているので、優先順位の低い番組はこのレートで録画できるのでありがたい。

 

加えてスマホアプリの「どこでもDIGA」が使えるようになったのが革命的に便利。正直言って、このスマホアプリがメインで、レコーダーはあくまでもこのアプリを機能させるための機械なのでは?と考えてしまうほどのテレビ視聴革命をもたらすことが出来る。

 

おかげで『ラヴィット!』という朝の大喜利番組を毎日録画している。ただ、視聴時間を取れないのでどこかで整理しないといけない。結局どんなに便利な機械でできても「一日24時間」という大原則は変わらないと実感。

kakaku.com

 

【ディズニーシー】

去年のディズニーランドに続いて今年は開園20周年を迎えた東京ディズニーシーを楽しんだ。ディズニーガチ勢の友人がチケット手配&ガイドに徹してくれたおかげでこっちは効率的に楽しめている。本当にありがたい。

 

ディズニーランド/シーに来てわかるのはカップルや家族連れ、10代学生集団の多いこと多いこと。日本の人口ピラミッドって本当に歪な形でしたっけ???と錯覚するほどの量である。

 

そして、前回のディズニーランドでも感じたことだけど恐らく「斜に構えた人」をほぼいない。「斜に構える」とは対極に位置するメンタリティーの人間が浦安に集まったのがディズニーランド/シーなんだと実感する。本気で魔法にかかれる人、ディズニーの世界観に乗っかれる人は斜に構えることとは無縁なんだろうなと。

 

「斜に構える」を忘れるためにも、自分とは違う価値観・世界観を楽しむためにも年一でいいのでディズニーランド/シーには行っておきたい。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ていすと (@ro_tst)

 

 

では。今日はこのへんで。