TSTの無心テキスト

リハビリブログ改め

雑感⑦:父の勘違い/中継と延長/苦労は買ってでもしろ/辞めて良かった習慣/出来れば

おばんこばん師匠。8月。バカあちぃでございまさーねー。五輪も今日で閉会。個人的にはかなり盛り上がりました。では今回も雑感を。

 

父の勘違い

2019年7月に起こった「闇営業騒動」での宮迫氏と田村亮氏の記者会見で『アッコにおまかせ!』の記者が「不倫騒動ではオフホワイトと。今回は何色ですか?」と質問したことを受けて、翌日の放送でアッコさんと国山ハセンアナウンサーが謝罪したという一件があった。

 

この一件をネットニュースで知った父は、「国山ハセンがバカな質問をした」と勘違い。国山ハセンアナに対しての憤っていた。私はすぐさま事情を説明し、誤解を解くことが出来た。

 

しかし、もしその場に自分がいなかったら…?と考えるだけでも恐ろしい。スマホからインターネットデビューした父は決してデマや陰謀論を鵜呑みにするタイプではないし、同世代でも上手に情報をキャッチアップしている方だと思う。それでもこんなイージーな誤解をしてしまう。SNSやニュースサイトへの書き込みをやっていなかったことだけ唯一の救いだったと思う。

 

こうして国山ハセンアナウンサーの名誉は守られた。今度もし会うことがあったら、パフェぐらいは奢ってほしい。

 

 

中継と延長

東京五輪を観戦していて思い出した話。2015年に行われたサッカーアジアカップの準々決勝で日本はUAEと対戦。試合は延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に日本はUAEに敗れた。この試合はNHK BS1テレビ朝日で中継されていたが、なんとテレビ朝日では試合終了後に『ミュージックステーション』の生放送が予定されていた。

 

今考えてみても延長の可能性がある決勝トーナメントの中継後に生放送番組を予定するなんてかなりリスキーだと思う。サッカー詳しくなくてもこれぐらいは分かるはず。

 

さらにその『ミュージックステーション』ではあるアーティストが初出演の予定であった(名誉のために名前は伏せる)。TwitterのTL見ているとそのアーティストのファンは、大変困惑していた印象で、中にはサッカーそのものに嫌悪感を抱く人もいた。

 

ただ間違えてほしくないのは、サッカーはトーナメントでは延長戦があるスポーツである。そもそも中継延長を決めているのはテレビ局の都合であり、また番組放送予定を繰り下げているのもテレビ局側の都合である。当たり前すぎる話だが、サッカー日本代表に『ミュージックステーション』を繰り下げて放送した責任は1ミリも無い。

 

子供の頃、野球中継で見たい番組が繰り下げることなんてそこそこある事だった。これの影響で野球そのものに対して若干のモヤモヤを感じていたが、年を重ねるにつれて野球そのものに罪は全くないと確信するようになった。

 

今回の五輪でも似たような感情を感じる人はいるだろうが、せめて競技やアスリートに中継延長の責任が無いことは明確だと思っている。地上波4ch、衛星1ch同時中継は確かに多いとは思うけどw

 

 

苦労は買ってでもしろ*1

 

あまりこういうことは言わないようにしていたけど、このツイートに関しては全文同意。前に所属していた組織にもこの考え方の人間がいて、正直うわーっとなってしまった。努力を積み重ねることは素晴らしくても、労力を搾取する権利は誰にもない。

 

 

辞めて良かった習慣

2chまとめブログを見なくなった。厳密に言えば、ドメサカブログ以外はほとんど見なくなった。色々と不安を抱えていた2016年頃には、時間だけがあったので浴びるよう見て時期があるけど、今考えてみるとほぼ自殺行為に近いような行いだった思う。煽りまくる見出しと極端な言い切りの連続で思考も精神もだいぶすり減ってしまった。結果的にこの習慣と入れ替わるような形で読書を始めた。こっちは始めて本当に良かったと実感している。

 

 

 

出来れば

TBSの『ラヴィット』の紹介?番組がこれを書いている今まさに放送している。『いいとも増刊号』で育った人間としてはこれほどありがたいシステムは無いとおもっているので、ぜひとも『ラヴィット増刊号』をレギュラー化していただきたい。お願いします!

 

 

今日はこのへんで。では。

 

 

*1:中谷基志氏のツイートを引用したが、これはツイート内容に賛同しただけであり、政治家として支持・反対しているというわけではありません。